Q&A

研究会について

クロレラとはどんな生物ですか

A.1

淡水に生息する緑藻類に分類される植物性プランクトンの一種。形はほぼ球形で、大きさは3~8マイクロメートルという小さなな生物です。発見したのはオランダの生物学者バイリンクで、彼はこの小さな藻を、ギリシャ語で"緑"を示す「chloros」とラテン語で"小さな"を示す「ella」を組み合わせ『chlorella(クロレラ)』と名前を付けました。

クロレラの歴史は

A.2

今から約130年前、オランダのバイリンクにより発見されました。戦後の食糧難の時代、その高い増殖率と豊富なタンパク質含有量から、大量培養による食糧源としての利用研究が行われました。その後、食糧源としての関心は薄れていきますが、様々な健康効果が発見されていく中で、現在、健康食品として日本をはじめ世界の多くの国々で利用されています。

クロレラは健康にどういいのですか

A.3

クロレラは、「認知機能低下予防」「糖尿病予防」「抗ストレス」 「更年期障害」など、 有用な効果が報告されています。

Page top